2012年10月03日

香港ミクパ

いつもコメントを頂いているブータン特派員(笑)が現地に飛んだのでインタビューをさせていただきました。
お疲れのところありがとうございましたブータンさん。

■香港の街の様子 
多国籍な感じでした。マンハッタン内のチャイニーズタウン見たいな感じで、 
英語が通じるので難はまったくありませんでした。 
深夜も徘徊している人が多く、またポリスカーや警察も歩いているので 
治安はまったく悪くないです。 
打ち上げ終わった後に、一部のメンバーはセブンイレブンを回って向こうのゲーム雑誌を 
3時くらいまで探していたとの事です。 
あと、10/1は中国が建国記念日とかで、花火が打ち上げられました。 
ダウンタウンの道路は警察によってすべて閉鎖されて、歩行者天国になり、 
海沿いにたくさん人が集まって見物していました。 

■会場 
[規模]
Zeppと同規模だと思います。 
ただ、仕切りがないので、広く感じました。 
(一ヶ所だけ、仕切りがありますが、そこだけです。) 
2階席があるのですが、座席数は少ない感じでした。 

[形(ステージやフロア) ]
幅も奥行もZeppより狭い気がしました。 

[場所]
街の外れです。 
香港のダウンタウンから、車で20-30分かかるところにありました。 
建物自体は、今回のライブのホール以外も、もう一ホールあり 
こちらは結婚式が行われていました。 

※会場は東京ドームシティーのような席やバルコニーがある所ではなくZeppのようにスタンディングだったそうです。

■観客
朝9時くらいに、待機列に到着しましたが、 
外にすでに3-40に並んでいました。 
聞いた話によると、6時くらいから並び始めていたそうです。 
他に物販待機列が、建物内にできており 
こちらも20人ほどすでに並び始めていました。 

[待ってる時の様子]
日本と同じですね。 
物販とライブの場所取り列を行ったり来たりし、 
グループで上手く連絡取り合っていたりしてました。 
また、待っている間はゲームやったり本読んだりしていました。 
特に大声で騒いだりなどの行動は一切見ませんでした。 
最近では日本は、列ならびの際に後から来る人を入れるのは、 
ご法度の流れになってきていますが、こっちはそこまでではなさそうです。 

[年齢層]
日本に比べると若い人が多い感じでした。 
10-20くらいです。 

[男女比]
男:女=3:2位だと思います。 
男のほうが、多かったように感じました。 

[コスプレ] 
居ますが、10も居なかったです。 
自分が見かけただけで、3-4人ほどでした。 

[人の入り]
ほぼ満杯だったと思います。 
後ろの方まで見えませんでした。 

[日本人は?]
私たちのツアー組プラス別のグループで、 
合計20人ほどでした。 
台湾はツアー組だけで50人程度の規模になるそうです。 

■ライブ内容 
[新曲は?] 
************ 感動しました。

※6日に一部地域で台湾ミクパの生中継がありますので今は「ヒ・ミ・ツ」(笑)

[映像は?] 
ごめんなさい、振り付けなどは細かく見ていないので、 
分かりません。今までと同じ方法での投影でしたが、 
光が強いせいか、結構終始透けることが多かったように 
感じました。 

[サイリウム]
安心してください。 
日本より多いのではないかというくらい、 
ネギ畑でしたw 
というのも、電池式の光る棒を怪しい行商人が集団で売りに来ているためです。持ってきていない人は、たぶんみんな買ってると思います。ミクのプリントありで、500円程度、なしで400円程度です。もちろんプリントありを、ゲットしましたw 

[歓声、手拍子]
こちらも日本より多いのではないかというくらい。 
とにかく、みんな興奮してる感じで、嬉しそうでした。 
基本的に手拍子等は、合わせてますが、異なる点は、 
歌い始めに合唱があります。 
ずっと続くわけではないですが、特に有名な曲だと 
会場でミクと一緒に合唱してました。 

[ジャンプ]
ツアーで一緒に来ていた方が仰るには、日本と遜色ないとの事でした。 
自分は、毎回一人で楽しんでしまって、適当に踊っているので違いは 
分かりませんでしたw

[ノリ]
初めての中国でのコンサート開催ということで、嬉しいのか 
会場されると室内ながらも歓声が聞かれたり拍手があったりすごかったです。 
  
■物販 
公式HPに上がっていたグッズがすべてになります。 
あとは、SONYミュージックがポスター付でCDを販売していました。 
ただ、日本で売られているものとまったく同じでした。 
SuperCellのアルバム(2年ほど前のもの)、積乱雲グラフティ、今年のミクのバースデイベストの 
3作のみだったと記憶しています。 
ポスターはミクのバースデイベストのCDのみ配布していた模様です。 

■全体 
[熱狂度]
尖閣諸島の件を気にしていましたが、まったく関係ないくらいでした。 
むしろ、日本人ということで一緒に写真撮らせてくれというくらいでしたw 
ミクへの掛け声も、なぜか日本語ばかりでした。 
(可愛い、愛してる、もう一回、etc) 

※「けこんしてくれ!」も居たとか居ないとか...(笑)

[打ち上げの様子]
バンドメンバーの方々の隣テーブル席で参加者は固まっていたので、 
始めはそれぞれのテーブルで話をしていましたが、なんか時間がたつにつれて 
移動したりタバコ吸いに言ったりで感想を聞かせてもらいました。 
バンドメンバーも、観客の熱狂やすごく楽しそうにしているところが 
ひしひしと伝わってきて、やりがいが非常に高かったとのことです。 
    
※ツアーでは打ち上げが企画されていたらしいです。

[感想]
ミクミクミクミク!! 3939!(サンキューミク!) 
何も考えないでひたすらミクミク言って居たい位 
充実しました! 
  


予想はしてましたが、ノリは日本と同じみたいですね。
日本の初めての時と違い既にある程度知名度がある中での初めてのコンサートという事で熱狂振りは凄そうですね。
この分だと台湾公演ももの凄いことになりそうですね!
ブータンさんあらためて貴重な情報ありがとうございました。

【関連】
メニュー
イベント


記事を広める



posted by Zen at 23:56 | Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]