2013年03月17日

ミクパ♪関西−前日

3/9のミクパ♪関西に行って来ました。
場所が和歌山なので東京から行くと5時間くらいかかりそうで当日朝から行くとライブは2時に開演なので丁度良さげではあります。
物販に行く人は並びが9時とかなのでちょっと厳しい気がするけど、例によって自分はあまり興味ないので...
ただ、なんか遠征するのにせわしないのもどうもいやなのと、どうせ和歌山まで行くんなら観光でもしたいなと思って前日から入る事にしました。

ライブに関してはなるべく地元の人に堪能してもらいたいなと思って今までは遠征しない方針でいたんですよね。
そもそも東京なんて一番恵まれてる訳だし...
ただこっち方面のマイミクさん達が参戦するって言い出して、自分も関西方面のマイミクさんに「絶対行った方がいいです!あーだこーだ...」なんて力説してたら段々気持ちが昂って来て...
「大感謝祭から丁度一年か...」
とか
「3月9日というのも特別な日だな...」
とか思いだしたりして...
結局「行こう!」と(笑)
ただ自分の中でのライブにかける思いというのは去年の大感謝祭に全て凝縮されてたし、幸運にもそれが達成されてしまったので、まぁそこまで肩肘も張らず今回は普段のイベント同様の感じで盛り上がって楽しめればいいかな、という感じで。

チケット取る所から仲間を募って数人でなんやかんややってたんですけど、結局最後はいつもの三人で(笑)
ブータンさんは当日だけど自分と西湘さんは前泊で。
まぁ行くのは三人ともバラバラですけど。

■東京
朝起きたらなんか頭が痛くて...調子悪い...
なんか起き上がる気力が湧かない。
時間的には余裕だから大丈夫だけど...

結局起きたのが10時位になっちゃって、もう腹も減っちゃったのでしっかり食べてから出ようと(笑)
それで電車に乗ろうとして駅に行ったら貼ってあったポスターにちょっと目が留まって...
CIMG1636.jpg
ん?

ラピスじゃん!?
ラピスってアニメだったの?(笑)

そんなこんなで東京駅に着いたのがもう11時位。
新幹線に乗るのも十何年ぶり?っていうくらい昔に乗っただけなので、緑の窓口で色々聞きながら買おうと思ったんだけど...結構並んでる。
即座に方針変更してそのまま券売機に。
勿論こんなものも使った事ないけど、とにかく言われるままに定期入れてボタンを押していったら切符が出てきた(笑)
知らぬ間に世の中は進歩してるねー
何にも考えなかったけど新幹線乗り継いで目的地の和歌山までの切符が買えちゃうんだからねぇ。普段切符買う時の方がもっと「えーと...」ってやってる気がする(笑)

それでホームに行ったら丁度のぞみが出る所で、とりあえず飛び乗った。
平日のこんな時間なんて、ドル箱の東京⇔新大阪でもガラガラですねー
今回楽しみの一つが新幹線に乗る事だったんだよね。
本当、記憶が無い位久しぶりだから、世界に誇る新幹線が今やどんだけ進化してるのかワクワクしちゃって。日本に観光に来る中国人の気持ちがちょっと分かったかも(笑)
それで席は、事前に調べたところ、このN700系というやつだと窓際にコンセントがあるという事だったので、窓際を探して無事確保しました。ちなみに次のバージョンでは全席にコンセントつけるって書いてあった。
さっそく...

スマホとウォークマンをつないだ。
スマホは買ったばかりなのであんまり使い方が分からないんだけど窓際でバッテリーも心配ないからGPSが使ってみたくてやってみた。

おもしれー!(笑)
外はあんまり良く見えないけど今大磯か!
すげぇー

なんか色々いじったら実写が出てきた。うーんこんな小さな箱でこんな事ができちゃうとは...凄いな。

ちょっと車内を探索...
えー男子専用トイレがあるのか!?しかも洒落たデザイン。
CIMG1672.jpg
でも随分外から見えちゃうのね(笑)
個室もコンパクトなのに多機能ですっきりしたデザインでかっこいいな。

こんなとこ写真撮ってる奴いないよ(笑)
公衆電話は相変わらずあるのか。

壁がメタリックな感じでなんともスタイリッシュ。

それにしても振動がないし音も静かだなー。
昔はもっと「ガー」って感じで機械音的な感じがしたと思うんだけど、今は「ボー」って感じのマイルドな音でウォークマンでノイズキャンセリングをONにすると全く聴こえなくなっちゃう。
席も広くてゆったりしてるし、内装もすっきりしててとにかくくつろげる感じ。
うーん快適すぎる...
乗ってみて良かった。

■大阪

2時間半で新大阪着。あっという間だった...
飛び乗ったんで良く見てなかったけど実物メチャクチャかっこいいー!

カモノハシー!
前の型のただの流線型みたいな奴だと普段はいいんだけどトンネルに突入した時の抵抗が大きいらしくて、それがカモノハシにすると改善されるらしい。
そういえば昔と違ってトンネルに入ったっていうの気がつかなかったなぁ。カモノハシの威力かな?

さて、ここから何本か乗り換えなくちゃならないみたいなんだけど、どこだ...?
あれ!?

案内の掲示板が全部青!?
路線毎に色着いてないの!?
うーん何気にびっくり。

なんとか電車乗りましたけど、向かいの電車が気になってつい写真を撮ったんだけど

なんかレトロな感じなんだよねー
なんとなく塗料の塗り方が懐かしい感じ?
と、思って写真を探したら東京のはこんな感じ。
中央線
つやつやしてる。
しかも今はこの新型車量に切り替わりつつある。
JR東日本中央線E233系T31
その他違いを感じたもの。

こてこてやん(笑)

頭上に圧迫感がありますね...(笑)

優先席がなかなか派手っすね。
あと大阪から数十分位でもう郊外の景色になってたのもちょっと意外だった。

■和歌山
着?(笑)

時間が遅くなっちゃったので宿に寄らずそのまま観光に来ました。
もう4時位になっちったので駅からすぐ行ける場所を選んで行く事に。
そういえば駅員さんが好みの女性だったので、とりあえず話しかけてみたんだけど、ばりばり関西弁で萌えましたね(笑)
それにしても今日は暑い!
長袖にTシャツを重ねただけだったけど汗が出るくらい。
それで喉が渇いたんでジュースを買おうと思ったんだけど...

見慣れない飲み物ばかりです...
CIMG1687.jpg
チェリオのレモンティー!?
そんなものがあったのか!?

おっ?着いたっぽい。
CIMG1688.jpg
10分で着きました。

駅名にもなっている紀三井寺(きみいでら)。
なんか室町時代あたりの重要文化財があるらしいんだけど、それ以上に石段を登った上からの眺めが良いらしい。
というか今の門自体が重文だ。
これが噂の石段ね...

じゃSTT(Super 寺 Time)で(笑)



CIMG1710.jpg

上に着きました。
なるほど。こりゃ眺めがいいやー



写真よりもっと高い感じで、街が一望できて夕暮れ時の海の煌きが美しくてすばらしい眺め。
そんなに期待せずに来たけど、こりゃ来て良かったなー
こちらが本堂ですかね。


古刹って感じですねー

中入れなくてご本尊が良く見えません...

立派な大木ですね。
CIMG1708.jpg

帰りも石段が待ってます(笑)
CIMG1711.jpg
帰りも例の駅員さんが居たのでまた話しかけてみたらツン(デレ)でまた萌えました(デレは確認できず。笑)
なんとも雅な電車です。


■夜
ホテルのある和歌山市駅に移動して改札で西湘さんと合流。
温泉行って飯行くという話しにしてたんだけど最初に行った所がスーパー銭湯かと思ったら本物の銭湯だった(笑)
西湘さんは午前中に和歌山入りしてうろうろしてたらしくホテルの近くにも温泉があるという事で、チェックインしてそちらに。
ここですね
ふくろうの湯
温泉も久しぶり。
今日は一日中ザック背負ったまま歩き回ってたから温泉がキクねー。最高!
湯船に二人でつかりながら...
「GUMIって変わった声無いですよねー」
とか
「GUMIは中島愛そのままだからなぁ」
みたいな。
やっぱり話すことはボカロの話しだったりして。
まさか和歌山で温泉につかりながらGUMIの話しをする事になるとは思いもよらなかった(笑)
その後は居酒屋に行って魚に舌鼓を打ちながら
「KAITOのV3って聴きました?」
とか。やっぱりボカロ談義で(笑)
お会計の時に店員さんに「東京から来たんですよ」って言ったら、「そうかなぁと思いました」って言うから「やっぱりこの洗練されたおしゃれが...」とか言ってみたら「標準語しゃべってたから,,,」って(笑)
更にシメにラーメンを食べに行って何故か鯖の握りを食べて帰ってきました(笑)
それにしても町は建物も多くてきれいで整備された感じなんだけど、夜は全く店が開いてない。人も全然いないし。これが地方の現実という事なのか...?

つづく...

ミクパ♪関西−開場 ≫

【関連】
メニュー
イベント


記事を広める



posted by Zen at 00:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
この記事へのコメント
楽しく読ませて頂きました
次はライブ編かな?Zenさんのことだから〜開演迄編かも?
自分も当日のこと書いてみようかなと思ってます
Posted by arukas at 2013年03月17日 13:11
arukasさん
今回はライブ編は多分そんなに書かないかなぁと思ってます。
日記楽しみにしてます。
Posted by Zen at 2013年03月17日 18:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック