2013年03月18日

ミクパ♪関西−開場

ミクパ♪関西−前日」からのつづき...

■午前
のんびり8時くらいに起床。

朝食はバイキング

ワンパス目は全種類食べてツーパス目で気に入ったのを食べるのが基本のスタイルです(笑)
西湘さんはもう物販に行ったみたい。
自分も出発。今日は意外に寒いかな?
おぉー!?

ホテルの前のバス停に案内が!
と思ったら丁度来たのでそのまま乗りました。
ガラガラ...

・・・
会場前
バスから見える段階で既に人が凄い!
・・・

(笑)
会場は通り過ぎで再び紀三井寺に到着。
自分は物販はパスしてまたもや観光です。
昨日は山側だったけど今日は海側へてくてく散歩しようかなと。
ではレッツGo!

やっぱり歩いてると今日も暑いねー
あぁ和歌川っていうのがあるのか...

おぉー!

川の河口側はまるで中国の湖畔のような風景。
鏡のようだなー
あそこが不老橋かな?

さらに歩くこと数分...
これだ

なんでも江戸時代に架けられたらしい。
やはり和歌山といえば徳川御三家の一つですからね。関連する建造物なんかが色々あるみたいです。
橋を渡ると

洒落た建物が。アートホールみたい。
その先にも

ここはカフェかなんかかな?

尚も先に歩いていくと

片男波(かたおなみ)
万葉集でいくつも歌われてる景勝地らしい。
公園の中を歩いていくと

突然先っぽに出た
CIMG1733.jpg
どうしてこういうモニュメントみたいのを必ず作りたがるのかね(笑)
これが万葉の歌かな?

あぁそうだね

なるほどねー
当時は大和は遠い地なんだね。

砂浜側を通って戻りましょう。
なるほど

広々として波もおだやか。
この辺はまだ内海の範囲なのかな?
瀬戸内海の静かな海で育った人に九十九里の荒波を見せてあげたい(笑)。毎年土左衛門が出るレベルだからね。

天気もいいし気持ちいいねー
千何百年前の人も同じように「気持ちいいねー」とか言ってたのかと思うとなんかちょっと不思議。

さてさてまだちょっと時間があるから近くの神社でも。
玉津島神社





これまた万葉の時代の神社みたい。
山部赤人が歌を詠んでるらしい。

さて一路駅を目指して戻りますか。
あっ!

痛車が!(笑)
・・・
戻ってきました。


■会場
12時過ぎに会場のある和歌山駅に到着。
駅を出た所で人だかりがあったので何かと思ったらearthじゃん!

あまりに予想外の事に驚いて思わず条件反射でクリアファイルを買ったら1,500円だった!高すぎだろ!
こんな感じだけど
CIMG1902.jpg
バッグ代が1,000円じゃないの...?(笑)
さすがに一枚って事はなかった

でもルカ様だけ居ないじゃん...

駅からは単純に大通り沿いに15分位歩くだけみたい。
うっ

なんか有名なラーメン屋みたいなんだけど道路の反対側までもの凄い油の匂いがしてきた(笑)

あっ!?

緑の集団が...(笑)

あー着きました。

会場の和歌山ビッグホエール。

凄い人だね。
ブータンさんも丁度着いた所みたいで先に来てた西湘さんもやってきて三人合流しました。

■痛車
痛車も結構来てますね。




いつもお見かけする気が...






痛Gふぇすたでお見かけした気が...GUMIは希少だから覚えてます。






忘れたくても忘れられない(笑)
いつもの本物のイタ車さん。

■コスプレ
コスプレも結構いました。

CIMG1773.jpg
ビール ユア ワールド...?(笑)

CIMG1774.jpg
CIMG1775.jpg
(笑)
なんかフィギュア持ってぽつんと突っ立ってるから、「何してるの?」って聞いたら、「お母さん待ってるの」だって(笑)
9才だそうです。
「ブログ載せても大丈夫?」って聞いたら、「はいっ!!」って凄い元気な返事が返ってきた(笑)

CIMG1776.jpg

アゴアニキ!?(笑)

CIMG1782.jpg

全般的にレベルが高かったなー
大人っぽいコスプレが多かった気がした。
あと撮られ慣れてない気がする。「ブログいいですか?」って確認すると一瞬固まっちゃう子が多かった。

花束

そんなこんなでそろそろ開場。

つづく...

≪ ミクパ♪関西−前日 ○ ミクパ♪関西−ステージ前半 ≫

【関連】
メニュー
イベント


記事を広める



posted by Zen at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック