2013年03月24日

ミクパ♪関西−翌日

ミクパ♪関西−夜」からのつづき...

■朝
7時前に目が覚めたけど、布団の中じゃなくて上で寝てた(笑)
うーんちょっと二日酔い...
驚いた事に真っ暗な部屋の中でサイリウムが未だ光ってた。

なんで7時なのに真っ暗なのかと思ったら遮光カーテンか。
夕べは風呂も入ってないし酔い醒ましも兼ねて風呂に入る。
のんびり一時間くらい入って朝食へ。
レストランは9Fで眺めがいいけど、今日は曇りか...


10:30にチェックアウトしてブータンさんと二人でてくてくと和歌山城まで歩いていく事に。
西湘さんは今日は和歌山のお友達と合流するという話しだった。

■和歌山城
なんか今日は寒い。
10分かそころでお堀に到着。

大手門



鯉が凄い(笑)

城壁は立派に残ってますね。


なんでも海から見ると形が虎が伏せてる様な姿に見える事から「虎伏城」とも呼ばれてたとか。



二の丸跡



なんとも変わった橋?


庭園みたいです





さっきの橋が渡れるみたい

CIMG1861.jpg
CIMG1862.jpg
天井の光は下の池の反射光なので実際はゆらゆら揺らめいていてなんとも風情がある。
ここはお殿様が渡る廊下だったみたいなので匠が腕によりをかけたのかなぁ。

うーん城壁が立派。


なんかいつの間にか外れのひっそりした所に来ちゃった。護国神社だそうで。


先の大戦等に出征した仲間を弔う慰霊碑が随分立ってましたねぇ。

天守閣目指します。
CIMG1867.jpg
やっぱり筋肉痛だった(笑)

CIMG1869.jpg

拝観料400円を払って天守閣の中に。
CIMG1873.jpg

三階建てになってるんだけど、中は資料館みたいになっていて和歌山の歴史とか刀とか鎧とか色々展示してあって、ちゃんと見て回ってるとそれなりに時間がかかる。
そういえば松下幸之助って和歌山出身だったんだね。なんか大阪のイメージが強かった。
一番上に到達。








和歌山の町が一望できてなんともいい気分だけど、風が強くて寒くて早々に中に引っ込みました。

■帰路
城から出てきたらもうなんだかんだで1時近くて3時間位居たって事かな。
昼飯どうしようかって話になったんだけどちょっと歩くみたいだけど和歌山駅の周りが栄えてるみたいなので再び歩くことに。

ミク廃も歩けばファミマにあたる(笑)

中覗いたけど関連商品は何もなし...

というか、これはウィンターキャンペーンのだよね?
それにしても今日はメチャクチャ寒いんですけど...

和歌山駅周辺で海鮮料理に舌鼓を打って和歌山を離れる事に。
さらば和歌山...
20130310_145859.jpg

新大阪まで約一時間半。
疲れてて結構寝てた...

新大阪

もう5時なんで席が空いてるのかちょっと心配だったけど全然大丈夫だった。
さらば関西...
20130310_174122.jpg

ブータンさんは一杯やってご就寝です...(笑)


京都駅ってこんなだったっけ?


名古屋って降りた事無い。
CIMG1891.jpg

良く考えたらこのスマホってマルチウィンドウが使えるから、下側にGPSを表示しとくって事ができる。
CIMG1894.jpg
東京が黄砂で凄い事になってるってみんな書き込んでたから、「黄砂はちょっとないんじゃないかなぁ?」と思ってたら「煙霧」だと。
そんな現象初めて聞いた。
この目で見たかった気もする...

東京

そして...
20130310_205136_LLS.jpg
やっと帰ってきた。
ほぼ9時。
この後はいつもの日曜日と同じように近所でご飯を食べて風呂入って寝ました。



今回はライブがメインとはいえ痛車やコスプレを沢山堪能できたし、ライブ以外に観光もしてグルメも温泉も堪能したし、飲み会やカラオケもやったりして、とにかく盛り沢山なイベントになりました。
初めてのミクパの感想は、去年大感謝祭の時に「感謝祭は音楽コンサート志向」「ミクパはエンターテイメント志向」ではないかという感想だったんですけど、今回全くその通りだと思いました。
というかもっと進んで「感謝祭は情緒志向」だと思いました。
ミクパはとにかくライトやレーザー等々視覚効果を狙ったものがふんだんに取り入れられて背景の映像とかもあったりして、とにかく盛り上げる感じだった。
感謝祭とミクパの違いを端的に感じたのがライブの始まりと終りだった。
感謝祭の時はカーテンに雲が沸き起こるような感じでなんとも幻想的なスタートでそこからTell Your Worldなんだけど、それがストリングスバージョンでミクさんもまるでフィギュアスケートの様な優雅な踊りだった。
一方ミクパはフラッシュみたいなライトから花火ドーンで秘密警察ガーン!みたいな。いきなりレッドゾーンぶっちぎりみたいな感じだった。
そしてアンコール前の通常プログラムとしては終わりましたっていう時が、感謝祭の時はミクさんがスクリーンの向こうに歩いていって小さくなって行って本当に「さようなら」っていう感じを演出していたけど、ミクパの時は印象に残ってないのだけど多分普通の曲の終了とあまり変わらない感じだった気がする。
どちらがいいという話ではなくて志向性の違いでそれぞれ別の楽しみ方があるという話しで、自分自身はどちらも好きかな。

ところで帰ってきて一週間は声がかすれてました(笑)

≪ ミクパ♪関西−夜

【関連】
メニュー
イベント


記事を広める



posted by Zen at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック