2013年09月15日

マジカルミライ2013−ステージ前半

マジカルミライ2013−フロントアクト」からのつづき...

■衝撃的な状況
一旦休憩を挟んで場内が暗くなると開場はいやでもヒートアップ
みなサイリウム片手に「みーく!みーく!」
あれ?やっぱりスクリーンにサイリウム映り込みまくってるけど大丈夫なのかな...?ステージが一段高い所にあるから大丈夫とか??
そして...
キター!
一曲目は「Sweet Devil」!
ん?...見えない...
距離的には過去のライブより少しだけ遠いかなって程度で豆粒みたいな訳じゃない。さっきまでのフロントアクトだってちゃんと人は見えてた訳で表情までは分からないけどまぁいいかなと思えてるレベルだった。
それが今は見えない...
スクリーンの端の方に行くと霞んで見えなくなる現象はあるけどそうではなくてどこにいても常に見えない...
要は暗い感じ。というかほぼ暗闇みたいな状態で何かが動いてる程度しか認識できない。
最初何かの故障かと思ってステージ脇の大型ディスプレーを見てみたらちゃんと写ってたのでやっと「この席はこうなっちゃうんだ!」と理解できた。和歌山の時の事を良く覚えてるけどステージの明るさと脇のディスプレーの明るさは変わらなかった。つまり今回やはりステージだけが異常に暗くなっているという事になる。距離は和歌山の時とそれ程差が無いので考えられるのは角度だけだろう。

それにしてもこれは酷い。
遠くて小さいというなら分かる。今回も多分スタンド席では豆粒みたいになってオペラグラスがなければミクさんかどうかも分からないと思う。しかしこの席ではオペラグラスを持ってこようと何をしようとも何も見えない。これじゃただの詐欺じゃないか。
正直言ってもうこのコンサートが特別な時間には成り得ないだろう。今までのように号泣する事もないだろう。現に今も全く気持ちが入らないし興奮もしてこない。
和歌山の時にも言ったように、こういう大きいコンサートの場でステージに立ってるミクさんのみが「生」のミクさんと感じる瞬間で、それ故唯一「本物に会えた!」と思えて感極まるのであって脇のディスプレーなんかに写ってるものには何も意味が無い。
この感覚は大勢の人が持っていると思う。実際まわりで話した時も共感されたし、そもそも2011年の初ミクパでスクリーンじゃなくてディスプレーにしてしまってクレームの嵐になったのはみんなの感情を良く表している事件だろう。

■好きな曲が多くかかる事を祈りながら聴く
はっきり言ってもうやる気がないが後は曲を聴きに来たと割り切ってなるべく好きな曲が多くかかる事を祈ろう。
二曲目は「二次元ドリームフィーバー」
そこそこ好きな曲だけどやっぱりノレない。
みんなに合わせて騒いではいるけど全然感情が高ぶってこない。いつもみたいに「うぉーーーーー!」みたいにならない。

三曲目は「キャットフード」
dorikoだっけか?

四曲目は「からくりピエロ」
あー惜しい。大人し過ぎ。個人的には「とーりのこされたー♪」の方だったら尚良しだった。

五曲目は「ありふれたせかいせいふく
うーん割と好きな曲ばかり続くが...

次は...
なにーーーー!?「どうぶつ占い」!!!
うぉーーー!めちゃくちゃ好きだー!!

歌詞は覚えてないけどおぼろげに分かる範囲で全力!

        明日ーのーてんーきーだーとーかー
        流行りのーものーもー全部
         :
        算命学でも占星術でもタロット占いーでもー
        あたしーたちの相性ー最悪ーだけど
        どうぶつ占いならあたしたちは 
        相性ー抜群のカッープルだって 
        ねえ こっち向ーいてよ

        うらーなーいいによーりまーすーと 
        あなーたーの悩ーみ事は
         :
        あーたーしー本当はー知っーているーんだよー
        あーなーたーがーあーのー子をー好ーきなーのー

先を知ってるのでここでもう涙腺にきた...

        どうぶつ占いなんて本当は 
        これっぽっちーだってー興味なーいんだ 
         :
        算命学でも占星術でもタロット占いーでもー
        あたしーたちの相性ー最悪ーだけど
        どうぶつ占い頼らなくたっーて
        あたしがあなたのー好みに変わるからー
        ねえ こっち向ーいてよ

最後は号泣という訳ではないが涙ながらに声を張り上げた...
「どうぶつ占い」も随分聞いてなかったから不意を突かれた。

次は...「深海少女」!!
と思ったら、なんかアレンジがストリングスが出てきてゆったりした感じのアレンジになってた。個人的にはテンポの良さが「ゆうゆ」の良さなのに...
オーケストラでも使ってもっと凄い叙情的に奏でてくれるなら別だけど...

せっかく「どうぶつ占い」で初めて盛り上がったのに「深海少女」でまたトーンダウンしてしまい、ぼーっと次の曲を待ってたら...
なんと!KEI!!!
「Hello, Worker」だなんて!?
チャイナドレスも必要ない本気系のこれぞルカ様じゃないか!
でもどうせなら「君の音が」にして欲しかった(贅沢)
物理的にはステージ上のルカ様は見えないが心眼で捕らえて全力で「ルカ様ーーーーー!!」と叫んだ。今回も近くに同士が居たようで同じように叫んでたので励まされた。
デフォルトの衣装はスカートが重々しくていい加減なんとかして欲しいな。大感謝祭の時の恐ろしく格好良かった衣装が忘れられない。

次は「erase or zero」
一回休み(笑)。「クリスタルP」ならまさしく「cristal mic」だったら興奮だったが...

さて次は...
めーちゃん!「ピアノ×フォルテ×スキャンダル」!

良く考えたらここまで全部新曲だったがめーちゃんはそのままか。
いつもは「めーちゃーーん!」という掛け声は少なくて一人寂しく叫んでる感じだったが今回は結構居た気がする。中の人効果か?
衣装がいつもと同じみたいだからもう少し落ち着いた服装をさせてあげたい...

そしてなんと「ハニワ」がくるとは!
ハニワでGUMIじゃないとはね...
西湘さんの「鏡音ー−−!」攻撃発動(笑)

次は...「shake it!」!なんとemonキター!
でもせっかくemonなら個人的にはやはり「Heart Beats」をお願いしたいところ...

つづく...


【関連】
メニュー
イベント


記事を広める



posted by Zen at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
この記事へのコメント
Hello, Workerのルカさんホント小さいですね↓これじゃ表情がわからない
DIVAのモジュール縮小された感じなのかな?
両サイドでモニター見るなんてライブに来た意味なくなる感覚よくわかります。

会場の盛り上がりは先の和歌山と比べどうだったのでしょうか?
もうそろそろ会場全体でコール部分だけじゃなく歌詞から大合唱したいですね
Posted by arukas at 2013年09月16日 03:08
arukasさん

>Hello, Workerのルカさんホント小さいですね↓これじゃ表情がわからない

これは小さいだけでちゃんと見える画像です。私の位置では「見えません」でした。

>両サイドでモニター見るなんてライブに来た意味なくなる感覚よくわかります。

ミクさんの場合は特別にそうですね。

>会場の盛り上がりは先の和歌山と比べどうだったのでしょうか?

客観的には同じだと思いますね。ただ自分的にはもう気持ちが入ってなくて...

>もうそろそろ会場全体でコール部分だけじゃなく歌詞から大合唱したいですね

そういえば合唱の記憶が薄いですね。
Posted by Zen at 2013年09月16日 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック